集めている北欧インテリアの魅力

一人暮らしをするようになってから、北欧インテリアを集めるようになりました。私は一人で過ごす時間が大好きでで、きるだけ部屋はくつろげる空間にしたいんですよね。大好きなインテリアに囲まれるってとても癒されます。

北欧インテリアの魅力はたくさんありますが、シンプルなデザインですね。シンプルなデザインなんですけどオシャレで飽きません。機能的なデザインでもあります。見た目がカッコイイだけではなくて、使いやすいんですよね。触り心地の良いもの選ぶようにしています。

色は鮮やかな色が好きですね。暖かみのある色も好きです。部屋に遊びに来た人は必ずオシャレな部屋だねと言ってくれます。北欧インテリアを置いているだけで部屋の雰囲気が可愛くなるので楽しいですね。

最近は新しいソファが気に入っています。帰ってきたらいつもそのソファでごろごろしています。疲れがすごくとれますね。北欧インテリアを買うようになったら他の家具は買えなくなりました。これからも集めていきたいです。

カーテンで変わるインテリアの雰囲気

窓にはカーテンがつきものですが、窓にはブラインドと布製のカーテンの二つから選べます。
私はニューヨークに住んでいた頃は窓にはブラインドをつけていました。その方が部屋が都会的な感じがして、日差しを柔らかくすることができるので、とてもいいと思いました。
日本ではブラインドではなくカーテンを使っています。レースのカーテンと布のカーテンの二重にしていて、色は壁の色に合わせてアイボリーです。壁と同じような色にしたことで、部屋が広く感じるようになりましたし、とてもしっくりといきます。朝が来て、カーテンを開けたら、端でカーテンを留めるのですが、私の部屋は賃貸マンションなので、釘を打つことができないので、カーテンをまとめるベルトを洗濯バサミで留めています。そうすることで部屋がとても部屋らしくなって、おしゃれな感じになります。遮光率99%で遮熱効果もあるので、寒い時には部屋を暖かく守ってくれるので、とてもいいと思います。

白い部屋

私の家のリビングの家具は、全部白で統一してあります。

これは同棲している彼の提案だったのですが、私も同意して真っ白にすることにしました。

フローリングに茶色があるし備え付けの物置スペースにも色があるので、白過ぎて気持ち悪くなることもなく自然な感じになっています。

もともとは白にしたら汚れが目立って毎日掃除するだろうし清潔感も明るさもでるだろうしということが理由だったのですが、掃除をしているのは今や私だけです。

確かに統一されていることで明るい部屋でも落ち着きを感じることはできます。

ただ最近思ったのが、白って色々あるんだなあということです。

白色で統一しているはずなのに、若干クリーム色だったり若干グレーが混じっているような気がするようになってきました。

大差はないと思うのですが、長い間見ている間に白色の識別能力が上がったのかもしれません。

でも、やっぱり白はいいですね。

最近模様替えというかインテリアの配置を変えただけで、部屋の雰囲気が変わりました。

ちょっと動かしただけなのに新しい部屋になったみたいでした。

これからも、白い家具を集めます。

ウォールステッカーで部屋の全体の印象を考える事が重要な方法

自分らしい素敵な部屋で素敵な時間を送っていく事は大変重要な方法となるのです。普段から多くの部屋を作っていく中で自分らしい素敵な部屋で素晴らしい毎日を送っていく事が可能となるのです。普段の自分らしい時間を送っていく中でウォールステッカーを使って部屋の印象を大きく変える事ができます。部屋に簡単に春だけで部屋の印象を大きく変える事が可能となるのです。素敵な人生の中で自分の部屋で過ごす時間は大変重要な意味を持つのです。そのような部屋で素敵な毎日を送っていく事は大変重要な方法となるのです。ウォールステッカーを使っていく事でより素敵な時間を送っていく中で大変重要な意味を持つのです。ウォールステッカーはインターネッと等で自分の好きな商品を愉しんで使っていく事ができます。素敵な部屋を自分で作っていく事でより素敵な部屋で過ごす時間を快適に愉しんでいく事ができます。オシャレで清潔感のある部屋で過ごす時間は多くの方にとっても大変重要な意味があるのです。素敵な時間を送っていくには普段からこのような部屋で過ごす時間を送っていく事が重要な方法となるのです。

ネットを参考にしながらインテリアを購入している

インテリアに興味を持ち出すと、色々とこだわりが出てきて、なんだか、それを考えるのがすごく楽しくなってきますよね。最近じゃあ、スマホやパソコンなど、インターネットが当たり前の時代になっていますからね。ネットで検索すれば、自分の理想的なインテリアに簡単にたどり着くことができます。実際、私はネットを参考にしながら、部屋のレイアウトであったりインテリアを構築しているんですよね。そうすると、失敗がいないので、本当に助かっています。自己流でやみくもに買いそろえていると、ついつい余計なものを買ってしまって、部屋の世界観がしっちゃかめっちゃかな感じになってしまいます。インテリアって、商品自体は素晴らしいんだけど、だからといって、部屋の世界観と調和するわけではないんですよね。その辺りの事をしっかりと把握したうえで部屋のレイアウトを構築していかないと、理想的な空間は絶対に生まれません。かくいう私も、いいなと思って購入したインテリアが、まったくといっていいほど部屋に調和しなかったことが多々あります。それがですよ、ネットを参考にしながら進めている現在では、そういった失敗が限りなくゼロに抑えられています。

部屋作りは最初のコンセプト作りが肝心です。

部屋作りは最初のコンセプトをきちんと考える事が重要な方法となるのです。普段から自分らしい部屋を作っていく事が重要な事となるのです。素敵な部屋を作っていくには普段からこのような方法を自分で作っていく事でより素敵な時間を送っていく事でより素敵な時間を送っていく事が重要な意味を持つのです。普段から自分らしい部屋を作っていく中で本当に重要な事は大変重要な意味を持つのです。部屋を作っていく中で最初にコンセプトを決める事が大変重要な意味を持つのです。普段からこのような点を考える事で素敵な重要な意味を持つのです。そのような中で素敵な時間を送っていく事が重要な方法となるのです。普段から自分の部屋を作っていく中で素敵な部屋の配色や家具の配置等を考える事が重要な意味を持つのです。そのようなコンセプトをきちんと考える事で素晴らしい時間を送っていく事が重要な意味を持つのです。色をツートーンなり、または木目調等、きちんとしたコンセプトを考える事でより素敵な部屋を作っていく事が可能となるのです。

ドライフラワーを飾る時の注意点

私はドライフラワーが大好きで、玄関から廊下、各部屋にたくさんのドライフラワーを飾って楽しんでいました。

雑貨屋さんや花屋さんでも手軽に購入する事が出来るドライフラワーですが、自分で作る事も難しくありません。

作り方は非常に手軽で、生の花を束ねて数日間吊るしておくだけで完成します。その手軽さから私はいろいろな種類の花をドライフラワーにして楽しんでいました。

しかしズボラな性格の私は、一度作ったものはほとんど手入れをする事なくそのままずっと飾り続けていました。

するとある時、母が久しぶりに我が家に泊まりに来た時に、飾ってあるドライフラワーを見て「何このホコリとカビは!!」と大声を出したのです。

これには私もかなりびっくりして、母が指差している所をよく見てみると本当に凄まじいホコリとカビが花や葉っぱ、茎についていたのです。

ちょうど湿気の多い梅雨の時期だったのでカビが生えやすかったのだと思います。食中毒や風呂場のカビには気を配っていたのに、ドライフラワーまでには注意が行き届きませんでした。

それ以来ドライフラワーを飾った時は時々ホコリを払ったりカビが生えていないかチェックしたり、風通しの良い場所に移動させたりするようになりました。

好きな物を飾り、それを大切に楽しんでいくためにはやはり細かい気配りが大切だと感じた出来事でした。

落ち着きのある雰囲気の室内に

部屋に入った瞬間から心が落ち着くようなインテリアにしたいと考えています。できる限り、必要なものだけを置くようにして、部屋の雰囲気をスッキリさせたいです。そして、家具の色調を全て揃え、一体感をもたせます。

今住んでいる部屋は狭く、歩くスペースが限られており、ちょこちょこ歩きをしなければならない時もあり、これに困っています。なので、普通に歩けるような家具の配置をして、ストレスなく過ごせるような空間を作るのが理想です。

引き出しを開けるにしても、引き出しの前に荷物が置いてあるので、それをどかして開けるという手間がいつも掛かっています。こうした手間が一切なくなるように、スペースを広くとれるように工夫をして、何をどこに設置するのかを上手に考えて、スムーズに引き出しの開閉をできるようにしたいです。

家具の色や配置・部屋の雰囲気などで、気持ちも変わりますし、より生活がしやすくなると思うので、一から室内を作り上げる機会があれば、自分の理想を全て詰め込みたいです。

インテリアを少しでも良くするにはバランスと色

インテリアで最も重要なのはバランスかなと思います。なのでバランスを維持するためにもあれこれと物を置いてしまってはせっかくのイメージも台無しになってしまいますので、物に関してはできれば置きすぎず最小限に維持すること、部屋づくりは全体を見てどのようになるかがポイントになりますので、まずはスッキリさせることによってバランスを維持するといいかなと思います。
それとどれだけ素晴らしい家具を購入したとしてもそれだけではインテリアは台無しになってしまいます。なのでテーマカラーは何なのかを重点的に考えつつ、どのような色合いにするのかは決めておくと後々失敗したなってならないと思います。ただもし物が多い場合に関してはむしろ物のテイストを揃えてみるのも一つの方法だとは思いますので、その場合にはゴチャゴチャしてるのにオシャレに見えるという工夫もいいかもしれません。
どちらにしても家族で暮らしてるのか一人暮らしなのかで大きくインテリアも変化するとは思いますが最終的には色やバランスなどにこだわってみたらインテリアも落ち着くとは思います。

お金をほとんどかけずにアイデアでインテリアをする

インテリアというのはその人のセンスの良さが表れるものです。決して高価で素敵な部屋ではなくても、ちょっとした工夫でお金をかけずにお洒落な部屋にすることができるし、アイデア次第でいくらでも自分色に染めることができるのです。100円均一の商品でも、そのアイデアが良ければ部屋を素敵にインテリアができるのです。壁にコルクボードを使うとか、突っ張り棒を使うことで収納をお洒落にすること、またちょっとした小物もアイデア次第ではきれいでかわいらしいものへと変化させることができます。気分を変えたいという気持ちからお部屋を模様替えしたいと思うことがあるかもしれませんが、カーテンを変えることや、家具の配置を変えること、その他にもできることはたくさんあり、特に壁を有効活用することはインテリアには欠かせません。とはいえあまりにいろいろなものを置き過ぎると部屋がごちゃごちゃして掃除が大変になってしまうことも少なくないためにほどほどが良いかもしれません。