白い部屋

私の家のリビングの家具は、全部白で統一してあります。

これは同棲している彼の提案だったのですが、私も同意して真っ白にすることにしました。

フローリングに茶色があるし備え付けの物置スペースにも色があるので、白過ぎて気持ち悪くなることもなく自然な感じになっています。

もともとは白にしたら汚れが目立って毎日掃除するだろうし清潔感も明るさもでるだろうしということが理由だったのですが、掃除をしているのは今や私だけです。

確かに統一されていることで明るい部屋でも落ち着きを感じることはできます。

ただ最近思ったのが、白って色々あるんだなあということです。

白色で統一しているはずなのに、若干クリーム色だったり若干グレーが混じっているような気がするようになってきました。

大差はないと思うのですが、長い間見ている間に白色の識別能力が上がったのかもしれません。

でも、やっぱり白はいいですね。

最近模様替えというかインテリアの配置を変えただけで、部屋の雰囲気が変わりました。

ちょっと動かしただけなのに新しい部屋になったみたいでした。

これからも、白い家具を集めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です